なぜマンションを買おうと思ったのか

マンション

これまで「家なんてそのうち買えば」と思って賃貸ぐらしをしていたのですが、この度、マンションを購入しようと思い立ちました。

マイホーム

現在、賃貸マンションで暮らしています。

賃貸マンションでは更新があります(関東のマンションは2年おきに更新手続きが発生ところが多い)。

ふと考えました。

更新料も馬鹿にならないけど、毎月の家賃支払いつまでできるのだろう。

老後になって収入がなくなったときに、毎月の家賃支払いは相当な負担になります。

貯金を切り崩して支払うしかありませんが、貯金を資産として考えた場合、同じ資産なら不動産のほうが利用価値が高いのではないかと考えました。

 

一戸建てかマンションか

マイホームのタイプは大きくわけてると、一戸建かマンションかになります。

それぞれ特徴がありますが、万が一の時に売りやすいのはマンションです。

それに、マンションの方が一戸建てよりも安く買えます。

もちろん、物件によりますが、生活スタイルにあわせて考えるとマンションのほうが融通がききやすいし、予算と突き合わせて考えると、マンションのほうが向いていました。

豪邸よりも便利さを優先した結果です。

 

マンションといってもそう簡単には購入できない

一戸建てより安いといっても、マンションは高価です。

一生のうちで一番高い買い物になります。

なんども買い直すことはできません。そんなに予算に余裕がないので。

買い替えするだけでも、何百万も必要になってきます。

買い替えがかさむと、引っ越し貧乏よりもさらにひどい買い替え貧乏になってしまいます。

あわよくば、今支払っている家賃で購入ローンを支払うつもりです。

なんども買い直しすることはできませんから、慎重に物件を選ぶ必要があるのです。

ためしに住んでみて、別の物件がよかったなんてことがないように。

 

いままで賃貸でいた理由

購入の理由を裏返すと、購入しなかった理由になります。

これまで購入せず賃貸でいた理由は、

「どの物件をかったらいいのかわからない。」

一言でいうと、こうなります。

ありきたりです。

別の言い方にすると、単に先延ばしにしていたともいえます。

しかし、老後はまってくれません。やはり、どこかで老後の生活スタイルを考えておくべきなのです。

いつまでも賃貸料金を支払える見通しがあるのであれば、購入を先送りする必要もないでしょう。

これまでマンションを購入してこなかった理由を書きましたが、振り返ってみると、頭のどこかで、いつかは購入しようという気持ちはあったことに気が付きました。

 

老後の生活を安定させるため

とどのつまり、マンション購入のきっかけはこれです。

老後に家賃を支払えない。

賃貸できないのであれば、購入です。

賃貸の方がなにかと安上がりではあるのですが、長い目でみると、やはり賃貸は不安です。

それに、購入がかならずしも賃貸より高いかというとそうでもありません。

自分が住むことを前提に考えるわけですから、自分に合った物件であれば、借りるよりもお得になるはずです。

そうです、そろそろ、終のすみかについて考える時がきたのです。

加えて、第二の人生を考えるときにマンションが欲しくなったわけです。

これがマンション購入に至った経緯です。

コメント